ほんのひととき

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

カズオ・イシグロの長崎  

ほんのひととき カズオ・イシグロの長崎
カズオ・イシグロの長崎
著 者 : 平井杏子
出版社: 長崎文献社

著者の平井杏子氏の講演会が3月に開かれましたが、私は行くことが叶わなかったので、この本を購入しました。

KTNのニュースの中で講演会のことがとりあげられ、その中で平井氏が話されたひとことに
私は不思議な安堵感を覚えました。

実は、数ヶ月前に、「遠い山なみの光」と短編集の「夜想曲集」を読みました。
1つ目は長崎が舞台ということもあり、多くの方が手にされたことでしょう。

でも、私には、登場人物の言動が理解できない、分からない・・・
つまりイシグロ氏は何を言いたかったのか、表現したかったのか分からなかったのです。
小説なのだから、個人の受け取り方が自由なのは当然です。
しかし、イシグロ氏は何を伝えたかったのか、理解したいと思う日が続きました。

そして、出会えたこの本に。

プロフィールによると、平井杏子氏は長崎市出身の英文学者。
早くからイシグロ氏に注目し、取材、出版されてきた方だそうです。
なので、本書の中には、長崎の古い写真などとともに
イシグロ家の方々との写真も含まれていました。

失礼な言い方かもしれませんが、平井氏はイシグロ氏を同郷の友人のように理解され、
それを私たちに分かりやすく伝えてくださったと感じました。

イシグロ氏が以前出演された「NHK白熱教室」やNHKスペシャルでのインタビューなど、
私が見聞きしたことも思い出しながら、少しずつ自分なりに読み返したいと思っています。

【パセリ】
スポンサーサイト

category: じっくり読みたい

下流の宴  

ほんのひととき 下流の宴

下流の宴
著  者 : 林 真理子
出版社 : 文春文庫

2011年のNHKのドラマですが…面白かったので小説も読みました。
幸せとは教育とは考えさせられる本でした。
どこにでもある現代の家族が描かれてあり、当たり前だけど…
子供は、親の思うようにはならないなーと思いながら、恐ろしくもなり可笑しくもなりながら読みました。

【ちいちゃん】

category: じっくり読みたい

君たちに明日はない シリーズ1~5  

ほんのひととき 君たちに明日はない シリーズ

君たちに明日はない シリーズ1~5
出版社 : 新潮文庫
著 者 : 垣根涼介

「君たちに明日はない」を読み始めて、結局シリーズ完結編(迷子の王様)まで読んでしまいました。
毎回、リストラのターゲットになる人たちが、「自分にとって仕事とは・・・」を考えながら進んでいく様が
気持ちよく感じられたからだと思います。

主人公の真介は「リストラ請負会社の面接官」で様々な会社の社員を辞めさせるのがお仕事、
その真介が最後は自分もクビになるという結末も。

架空の名称であるが、時代を反映した企業が出てくるのでリアリティがありました。(例えば、大手証券会社、家電メーカーなど)

「あなたにとって仕事とは?」と問われているようでした。

【ゆうこ】

category: じっくり読みたい

ひどらんげあ おたくさ シーボルトに愛されて  

ほんのひととき ひどらんげあおたくさ

ひどらんげあ おたくさ
出版社:アスペクト
著者:高田宏治

映画「鬼龍院花子の生涯」、「野生の証明」、「復活の日」、「仁義なき戦い」、「陽暉楼」など、ご覧になった方も多いと思いますが、それらの脚本を書かれた高田宏治さんが初の小説を上梓されました。

NBCテレビに出演された時、お顔を拝見したら、82歳とは信じられないほど若く、エネルギッシュな方でした。

20年来の思いをこの本に込められたそうです。

小説とはいえ、映画を観ているような感覚がありました。

高田さんは、この小説を本当に映画にしたいと考えていらっしゃるようです。
ぜひ、読んでみてください。

【くれよん】

category: じっくり読みたい

舟を編む  

ほんのひととき 舟を編む

舟を編む
光文社
著者:三浦しをん

ついに文庫本が出たので買いました。
2年前、映画を先に観た時、文庫が出たら必ず読もう、と思っていたからです。

三省堂の大辞林を時々めくる私にとって
「舟を編む」はとても興味深い1冊となりました。

内容は笑ったり、ハラハラドキドキしたり、涙が止まらなくなったり・・・
さすが、2012年に本屋大賞第1位になった本ですね。

ほんのひととき 舟を編む
文庫本の帯のイラストとして入っている舟と月は
本文中に出てくる「大渡海」につながります。

【ミニトマト】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
  にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: じっくり読みたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。