ほんのひととき

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

日本語ぽこりぽこり  

ほんのひととき 日本語ぽこりぽこり
小学館
著者:アーサー・ビナード

「日本語ぽこりぽこり」の著者は、米国人の日本語詩人。
日本語と英語の違いに対する鋭い洞察。
なのに絶妙に軽い語り口。
とにかくセンスがいいのです。
日々の言葉にもっと敏感になって、言葉のセンスを磨きたくなります。

【capi】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 自分磨きをしたい

言いまつがい  

ほんのひととき 言いまつがい
新潮文庫
著者:糸井重里

「正しくない」日本語の本。
反面教師としてこれもアリ!?

【capi】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: 自分磨きをしたい

再び会う日のために  

ほんのひととき 再び会う日のために
愛育社
著者:葉 祥明
自分を見つけたい人へ葉祥明が贈るいやしの言葉・・・
この本は熊本の葉祥明 阿蘇高原絵本美術館から取り寄せました。

【ゆめこ】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: 気分をコントロールしたい

天声美語  

ほんのひととき 天声美語
講談社
著者:美輪明宏

美輪さんの本は、どの本も元気というか、生きる力をくれます。
凡人はすぐ忘れてくじけてしまうので、繰り返し読むのです。
「人生ノート」「正負の法則」もおすすめです。

【ほんのむし】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: 気分をコントロールしたい

故事ことわざ辞典  

ほんのひととき 故事ことわざ辞典
三省堂編修所 編

ことわざは、多年の生活と経験の中に培われてきた人類の英知の結集といえます。
教訓や生活の規範となるべき内容を持ったものです。
落ち込んでいる時に読むと落ち込んでいる事を忘れます。

【姉さん女房】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: 気分をコントロールしたい

イン・ザ・プール  

ほんのひととき イン・ザ・プール
文藝春秋
著者:奥田英朗

何も考えず、読めば笑えます。
うじうじ落ち込んでいても、ま、いっかと思えてしまいます。
物事を難しく考えすぎることが、あほらしくなって。
ちょっとは楽にいきてもいいよね~と思いますよ。

【ほんのむし】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: 気分をコントロールしたい

その日の前に  

ほんのひととき その日の前に
文藝春秋
著者:重松 清

がんになった妻を持つ男の気持ちを描いた本なのですが、
その男に縁がある人たちも、無いように見える人たちも、
それぞれの人生を歩んでいてどこかで「力」になってもらっている。
つらいのはあなただけではないよ!!という思いが伝わる本でした。
号泣しました。
(※作家が同年代ということで時代背景も自分と重なるので大好きです)

【きくりん】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: 気分をコントロールしたい

僕の行く道  

ほんのひととき 僕の行く道
双葉社
著者:新堂冬樹

母を捜しに一人で旅をした男の子が、いろいろな苦難を乗り越えて母に会うが、
母は「自分の過去を忘れていく。」という難病に冒されていた。
小さな島で看護を受けていた母は、わが子のことを思い出すことができなかったが、
一瞬だけ・・・。
家族愛の美しさに心打たれました。

【まろまろ】ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: 気分をコントロールしたい

ブルーにこんがらがって  

ほんのひととき ブルーにこんがらがって
TOKYO FM出版
著者:ジェニファー・ジェームズ

あの高見恭子さんが訳した米国で
ベストセラーになった本です。
「いつも私はひとりぼっち」「私ってダメね」といったつぶやきごとに
そのブルーな気分に対処する方法が書いてあります。
なるほどと思いますよ。

【IBIちゃん】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: 気分をコントロールしたい

あさ  

ほんのひととき あさ
アリス館
著者:谷川俊太郎

夜が明けて朝がくるっていうのは、あたりまえのようでいて、
実はすごくすてきなこと・・・。(あとがきより)
この本を開き、美しい写真と言葉を眺めていると、
頬にひんやりした朝の空気を感じてしまいます。
すがすがしい気持ちになれる常備薬的な本です。

【うるるん】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: 気分をコントロールしたい

旅の絵本  

ほんのひととき 旅の絵本
福音館書店
著者:安野光雅

ずーっと昔、同級生にプレゼントでもらったのが旅の絵本Ⅰ。
繊細な描写でヨーロッパの街並みが描かれており、眺めているだけで、
やさしいキモチになれます。
この本で初めて安野ワールドを知り、とりこになりました。
お好きな国を眺めてみませんか。

【きんとき】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: どこかに行きたい

ミュージアム・レストランガイド  

ほんのひととき ミュージアム・レストランガイド
朝日新聞社
著者:畑中三応子

アタマとカラダが楽しくなるお散歩ミュイージアム。
全国の美術館と、そのカフェが乗っているスグレモノ。

【yokko.atc】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: どこかに行きたい

うろんな客  

ほんのひととき うろんな客
河出書房新社
著者:エドワード・ゴーリー

我が家に突然やってきた「うろんな客」。
やることなすことすべてが奇天烈、わがまま放題。
でもなんだか憎めないのは何故かと思ったら・・・。
短歌調の訳もとてもいいです。

【まとこ】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: 刺激がほしい

いつまでもいっしょどこまでもいっしょ  

ほんのひととき いつまでもいっしょどこまでもいっしょ
金の星社
著者:永渕浩子

テーマは「みち」。
この道はずっと続いているんだ、君はひとりじゃないんだよ、
みんなつながっているんだよ、というお話です。
何か寂しくなった時、ひとりじゃないんだ!って、誰かがきっと見守ってくれているんだ、
って思える本です。 
【セレブになりたい】

category: 未分類

やさしいライオン  

ほんのひととき やさしいライオン
フレーベル館
著者:やなせたかし

アンパンマンを書いた人の本とは思えないほど切なくなる本でした。
子供に読み聞かせながら自分が涙してしまいました。 

【ハマちゃんの奥さん】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: 子どもと一緒に楽しみたい

ふたりはともだち  

ほんのひととき ふたりはともだち
文化出版局
著者:アーノルド・ローベル

仲よしのがまくんとかえるくんを主人公にしたユーモラスな友情物語です。
ちょっと可笑しくて楽しくてホロリとさせられる素敵なお話です。
特に大好きなのは「おてがみ」というお話。
胸がキューンとなりますよ。  

【クランベリー】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: 未分類

多毛留(たける)  

ほんのひととき 多毛留(たける)
偕成社
著者:米倉斉加年

集めた絵本はかなりの数ですが、大人・子供の区別なく、芸術的にも皆すばらしく、
内容も優しく心に響くものも、考えるものもいろいろ、私にとってどれも大切な一冊です。
コレクションのきっかけとなったのが、高校の時に出会ったこの一冊です。

【ママリンリン】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: 未分類

100万回生きたねこ  

ほんのひととき 100万回生きたねこ
講談社
著者: 佐野洋子

限られた時間を生きる意味をつきつけられるお話でした。
自然に涙があふれ胸がいっぱいに。
大人になって絵本で泣くなんて…と自分でも不思議なのですが、ときどき読み返しています。
子供にもいつか読んであげたい絵本です。 

【ランクス】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: 未分類

ぶたばあちゃん  

ほんのひととき ぶたばあちゃん
あすなろ書房
著者:マーガレット・ワイルド

永い間一緒に過ごしてきたぶたばあちゃんと孫娘にお別れの日が訪れます。
自分の死期を悟ったおばあちゃんとその事に気づいた孫娘は残された二人の時間を大切に過ごします。
『死』を冷静に受けとめお互いを思いやる二人の姿は何度読んでも胸があつくなるおはなしです。

【なちゅなちゅ】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: 未分類

かみさまからのおくりもの  

ほんのひととき かみさまからのおくりもの
こぐま社
著者:ひぐちみちこ

うまれた赤ちゃんのもとへ神様が贈り物をくださいます。
それぞれの赤ちゃんに天使が運んでくれた贈り物は・・。
子ども達と一緒に「命の誕生」を考えながら読めるかわいらしい本です。

【まろまろ】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: 子どもと一緒に楽しみたい

あらしのよるに  

ほんのひととき あらしのよるに
講談社
著者:木村裕一

「あらしのよるに」~「まんげつのよるに」までの6巻シリーズ。
ヤギが大好物のオオカミ「ガブ」とのんきなヤギ「メイ」の友情の物語。
2匹は友だちを守るために仲間から逃げるのですが、ガブはメイを助けるために
最後は雪崩に巻き込まれ・・・。
ああ!それ以上は言えませんっ。是非読んで欲しい1冊ならぬ6冊ですっ!  

【イノイノ】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: 未分類

季節風 秋  

ほんのひととき 季節風 秋
文藝春秋
著者:重松 清

タイトルどおり、なんとなく寂しかったり、ふいに昔の思い出に耽ってしまう、
そんな季節の空気にぴったり一致する本です。
ほの甘いけれど、ツンときて、シュワっと消える、サイダーみたいな読後感です。
12篇の短編集で、時間のすき間に読み切ることができますが、
ほろりとするお話もあり通勤中などはご注意。

【ぽぽろ】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: あの頃に戻りたい

くまとやまねこ  

ほんのひととき くまとやまねこ
河出書房新社
著者:湯本香樹実

仲良しのことりが死んでしまって、悲しみにくれるくま。
森の動物たちもどうなぐさめていいのか戸惑い、くまは
心を閉ざしてしまいます。
ある日やまねこがバイオリンを奏でて・・・。
くまの心がゆっくりと再生していく様子が描かれています。
とても静かな、でも余韻がいつまでも
胸に響く絵本です。

【ぴあの】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: 未分類

ぼちぼちいこか  

ほんのひととき ぼちぼちいこか
偕成社
著者:マイク・セイラー

体の大きいかばくんがいろんな仕事に挑戦するのですが、何をやっても失敗ばかり。
でも「ぼちぼちいこか」と、めげることなく前向きにチャレンジしていくお話。
関西弁の口調がほんわかとしていて、大人の私も読んでいて肩の力が抜け、
「また、がんばろうかな・・・」と思わせてくれる絵本です。

【ぷよぷよ】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: 未分類

あなたのために いのちを支えるスープ   

ほんのひととき あなたのためにいのちを支えるスープ
文化出版局
著者:辰巳芳子

あたたかいスープはカラダもココロも温めてくれます。
手間ひまをおしまないていねいなレシピのとおりにゆっくりとつくっていると、
いつのまにかやさしいおだやかな気持ちになっています。

【ぱたぱたママ】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: 未分類

金平糖の降るところ  

ほんのひととき 金平糖の降るところ
小学館
著者:江國香織

オトナの恋愛を描いていますが、江國さんらしい浮世離れした設定が
ファンタジーを感じさせます。
自分には絶対に起こらない出来事だなぁと思いながら
少女漫画を読む感覚で読了しました。

【つくし】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: 未分類

ビタミンF  

ほんのひととき ビタミンF 
新潮社
著者:重松 清

親父の立場から、息子として、壮年といわれる立場から家族を見つめる視点に共感してしまう。
私は母親なのでダンナの立場に・・・かしら?
同年代の作者だから余計に共感できます。

【きくりん】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: 未分類

聖女の救済  

ほんのひととき 聖女の救済
文芸出版
著者:東野圭吾

現実の生活感のある小説が好きなのですが、この小説も身近な日常からのミステリーというかんじで、
しかし、東野圭吾ならではの巧みなトリックに最後まで一気に読みたくなる本です。

【はなまま】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: 未分類

日本人へ 国家と歴史篇  

ほんのひととき 日本人へ  国家と歴史篇
文芸新書
著者:塩野七生

73歳、イタリア在住の塩野さんの媚のない切れの良い文章が魅力です。
外からの目線で日本を見ると面白いものです。

【コスモス】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: 未分類

龍馬伝  

ほんのひととき 龍馬伝
NHK出版
著者:福田 靖

読んでからテレビを見るとまたちがった感じの龍馬伝になりました。
本はテレビ版ですが、けっこう分かりやすく最終章では泣いてしまいました。

【かれん】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村

category: 未分類

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。