ほんのひととき

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

「「ダメな私」に○をする」、「ポジティブ教科書」  

ほんのひととき 「「ダメな私」に○をする」、「ポジティブ教科書」

「ダメな私」に○をする     ポジティブ教科書 
中央法規出版          主婦の友社
著者:香山リカ         著者:武田双雲 

とても直接的なタイトルです。
誰がどんな心理状態の時に読むかで、違ってくるとは思いますが、今回私の受けた印象は、自分でも意識していなかった、頭のこりとか、肩の力が抜けていく感じでした。

香山リカさんと武田双雲さん、言わずと知れた有名な方々ですが、心療内科医と書道家、それぞれのお立場、ご経験からいきいきと語られ、全くお説教っぽくないので、若い人にも読みやすい(読んでほしい)ような内容です。
もちろん、私達世代や、香山さん世代にも良さそうです。


香山さんは、日本の、東北北関東大震災の特徴として、「共感疲労」に襲われる女性が増えたと指摘しています。
自分ではないのに、まるで、話を聞いたり見たりすると、被災者と同じような心の傷を受けてしまうのです。
震災後の後遺症に多いそうですが、震災に限らず、『女性』というものに視点を当て、「女性を生きにくくしているものは、何か」を、とても解りやすく、同じ女性として、語っておられます。
そして、具体的な問題をも、もしそうなってしまったらどうするか、淡々と事例を挙げています。


武田さんは、ただ単にポジティブなだけの内容ではなく、苦労もあった人生の中で、試行錯誤しながら、意識して身につけた生き方、引き寄せてきた良い考え方を例に挙げています。
どうしたら問題と見えるものを乗り越えて、力に変えていくかを、彼なりの明るい力強い表現で紹介していっています。


まだ一回読んだのみで全ては理解できませんが、自分の考え方や感じ方を確認したり、人を理解するのにも役立つと感じました。
こういった実になる本に出会えることは、本当にありがたいです。


ぜひ、オススメの2冊です。

【タミー】

ランキングに参加しています♪
↓↓ クリックしてね ↓↓
  にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

category: 自分磨きをしたい

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。